2013年9月30日月曜日

LEAN INを読んで考える女性の働き方・生き方

御無沙汰しております。すっかり秋ですね。お・も・て・な・し♡で、東京招致も盛上りましたね。7年後の年を気にする私です。
さて、最近読んだ本は、これ  ↓

意外に読みやすかったですよ。女性の著者は、グーグルから、フェイスブックのcooとして引き抜かれた人です。もちろん彼女も2児の母。働く女性が必ずぶつかる育児と家庭の両立の問題だけでなく、できる女の敵は女だったりすること(足の引っ張り合いも多い)、男性リーダーと女性リーダーの違い(どうしても女性だと評価の仕方、相手から接し方の違い)など、いろんな女性リーダーの例やメディアなどから引用して書かれてあります。職場では、女性が育児休業をして職場復帰することは、昔にくらべ普通になったけれど、やはり、依然と同じような勤務状態、賃金で現職復帰するひとは少ない。まだまだ、男性がの育児や家事の協力があたりまえではないこと、公共の保育園が少ないことが現状である。働く女性で、仕事をきっぱりやめて育児に専念する女性も多い。それもまた同じくらい素敵な女性の生き方だと思う。選択肢は、いろいろあってその人なりに選択した結果の生き方だけど、外で働く女性VS家で働く女性みたいな構図にはなりたくないなーと思ったのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿