2012年7月27日金曜日

贅沢な1日~首飾り編

とっても満足して、東京都美術館を後にした私でしたが、出口でびっくり!ゆっくり回って12時前に出ましたが入口では入場制限で50分待ちだったんですよ。よかった~先に観て。
15時30分過ぎには上野を出ないと行けないので、そのまま西洋美術館の「ベルリン国立美術館展」へ。ベルリン国立博物館は、プロイセン帝国時代の文化財とコレクションの保護を目的として設立された15の総合美術館・博物館の総称です。すごいですね。


こちらは、比較的ゆっくりと観ることができました。大理石や、胡桃や樫の木材の彫刻、ブロンズ、絵画など多数展示してありました。ここでもやはりフェルメールは、大人気。「真珠の首飾りの少女」は、初来日とあってたくさんの人だかりでした。

鏡を見つめる若い女性の真剣な眼差し。窓から射す光。まるで、そこにいる人のようです。窓から射しこめる光と白い毛皮がトリミングされた黄色のジャケットが柔らかな感じを醸し出します。ガイドでは、中央の壁には地図、椅子にはリュード(ギター) が描かれていたともいわれていたとか。フェルメールは裕福な妻と結婚したためそんなにたくさん絵画を描く必要もなかったそうで、現在残っているのは30数点らしいですね。そのうちの2点も本物を観ることができるなんて私って幸せ者!!本当に贅沢な1日でした。美術館のはしごも初めてで私もそうでしたが、やはり近くであったせいかこの美術館ではマウリッツの袋を持っている人がたくさんいました。


2012年7月26日木曜日

贅沢な1日~耳飾り編

本日の私のお仕事は、16時20分からの中央年金事務所の算定の調査です。東京行くし、せっかくだし・・・ということで、朝一から今日は上野へ。東京都美術館と国立西洋美術館。そうです。あの
耳飾りの少女と、首飾りの少女に会いに行ってきました。


まずは、東京都美術館の「マウリッツハイス美術館展」へ。マウリッツハイスとは、オランダ語でマウリッツ邸の意味。元は、ヨーハンマウリッツの邸宅だったようです。それが、私邸からオランダ国家に買い取られ美術館となりました。オランダ絵画に代表されるレンブラントやフェルメールの作品など50点ほどが、出展されていました。
さて、オランダのモナリザと呼ばれるヨハネスフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。この絵画は、「トロー二ー」と呼ばれる頭部の習作の技法で、特定できないモデルを描いたもので、特定の人の似姿を追及するよりも人物の表情や性格のタイプの表現を探る習作として描かれたものである。なので、この少女は想像上の人物らしい。この絵画がある部屋は、ロープが張ってあって1列に並んで待つのです。そして、やっと順番が回ってきていよいよ目にした時は、やっぱり感動しましたよ。何とも言えず美しく、少女なのに色っぽいんです。あの眼差しと半開きの唇と大きな真珠とこちらを見る顔の角度。うっとりとしばらく見てしまいました。黒と青と黄色に赤色が見事に調和されていました。本物を見ることができて本当に幸せ。
続きは、ベルリン国立美術館展の「首飾りの少女」へ。

2012年7月18日水曜日

久しぶりの山笠

週末の私は、所用があって福岡へ飛びました。この時期、博多は、山笠で賑わいます。
どんたくも楽しいけれど、やっぱり、山笠!!このワクワクゾクゾク感はたまりません。福岡では、毎年、山笠のライブ中継が各局テレビであるんですよ。今年はたまたま3連休のど真ん中でいっそう見物客も多かったようです。ホントは行きたかったのですがテレビで参加。4時59分スタートです。


私が小さかった頃、山笠を走るおじさんたちの中には、背中や腕やおしりに彫り物をしていた人がいましたが近年は、誰一人いません。そしてすべての山が走り去って山がそれぞれの町に帰ってしまった後、「終わったっちゃね~」って寂しくなるんですよ。夏本番は、これからなのですが。
                                   

2012年7月2日月曜日

強羅へGOダッ!!

週末は、金曜日の仕事終わりに強羅温泉へ行ってきました~久しぶりの温泉でまったり。お部屋にも露天風呂がついていて、美味しい料理を食べてゆったりした後、そのままお部屋で夜風に吹かれながらビール片手にお風呂にはいるのもおつなものですね。



箱根は今、紫陽花真っ盛り。翌日は、強羅公園に行って、路地では見られないいろいろな種類の珍しい紫陽花を見てきましたよ。


その後、ガラスの森美術館へ。ちょうど、ヴェネチアンビーズの展示があって素晴らしいものばかり。箱根には素敵な美術館が、たくさんあってまだまだ行きたいところがあります。お昼は先日TVで放映された銀かつ亭さんへ行きました。もちろん長蛇の列でげんなりでしたが、せっかくだしそのまま待っておいしい「豆腐のカツ煮定食」を頂き藤沢へ帰りました。
こんなに素敵な温泉が近くにあっていいなっ!箱根