2012年2月27日月曜日

企業年金はなぜ消えた?

まったくひどい話です。年金受給者の給付率を下げるだの、パートタイマーの社会保険加入だの叫ばれている今日この頃、AIJ投資顧問が2000億円の企業年金資金の大半が消失していたという報道が連日されていますが、2000億円の大半ってどういうこと! もうびっくるすぎる!! 会社は、企業年金の運用を投資顧問に任せて投資顧問が、年金運用をする。AIJは、高収益をあげていたというが、虚偽の報告をしていた。しか~~もAIJの浅川社長は、「お金がどう運用されているか状況を把握していない」というではないか!!投資顧問のあいだでは、あやしいという噂が、もちきりだったようだ。今頃になって政府の調査が入るなんて「ドロ縄」だ。この損失は、たぶん基金と母体企業が対応を求められる。目標利回りを確保できなければ、企業が資金を拠出して不足分を埋める必要がでると思うが、穴埋めできないほどの損失は、給付金にも影響がでるだろうと思う。124の企業年金を預かっていたらしい。まずは、自分の(配偶者)の年金の企業年金がどこに預けてあるのかを確認されたい。AIJとなっていないことを祈りますが、AIJとなっていたならば、さっそく企業側にどういう対応をとってもらうのか問いただしましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿