2012年12月25日火曜日

幸庵@藤沢

今夜は、クリスマス。皆様いかがお過ごしですか?
忘年会も終わり、年末に向かってお仕事に大掃除に邁進している今日この頃です。



さて、忘年会といえば先日、夫と「幸庵」で忘年会をしました。「幸庵 」は、ミシュランガイドで湘南では唯一の三ツ星のお店なんですよ。
住宅街にひっそりあります。



お味は、もちろんいうまでもなく美味しかったのですが、料理の盛り付け、器など見た目にも美しく、一層料理を引きたせたように思います。
和服の女性がお料理を運んで下さり、丁寧にご説明くださいます。
ゆっくりと、味わう時間が優雅に流れていき、最後のお見送りは、お店の外まで板さんとお店の方がお見送りに来てくださり、振り返ったあともまだいらっしゃいました。ここかしら~星が付く理由は??
がんばった1年に、がんばった忘年会でした。

2012年12月16日日曜日

最高のプレゼント♡♡

こんばんわ。ただ今選挙戦速報真っ最中です。
あっという間に12月ですね。街はクリスマスのイルミネーションが綺麗です。そろそろ注連縄かざりも登場していましたよ。年末まであとちょっとですね。さてそんな中先週金曜日の夜、私は素敵なお姉さまに、「嵐」のコンサートへ誘っていただき東京ドームへ。

なんと、アリーナ席。前から6番目。かつてないいい席すぎる程いい席でした。
松潤が見える~~♪ 倒れそう!!コンサートの始まりとともに、私たちは3時間あまり、どっぷり夢の中へ。「嵐」はホントにファン層が広く、若い女の子から母娘、ファミリー連れや年を重ねた女子などたくさんいました。5万5千人が、一体となった楽しい楽しいコンサート。やっぱりライブっていいなー元気をもらって年末まで突っ走っていくぞ~って感じ。
神様からの嬉しすぎる今年最高のプレゼントでした。

2012年11月29日木曜日

日本の恋とユーミンと

買いました!!ついに出たユーミンベスト盤。


すごいですね。歌いに歌って40年だそうです。
私は、実は荒井由実だったころの歌のほうが好きなんです。
今、思えばユーミンは、20歳そこそこであんなに大人っぽい歌詞を書いていたのかと思うとやっぱりすごい感性なんだなと思います。大人になってから何度もコンサートに行きましたが当時から華やかでお金がかかっていて素敵でした。
私の好きな曲「あの日にかえりたい」を聞き始めていたころ、私は、まだ14、5歳の田舎の少女でした。
♪♪ 青春の後ろ姿を人 はみな忘れてしまう
     あの頃の私に戻ってあなたに会いたい ♪♪

っていつかそんな切ない思いをするのかしらと思いつつ、あの日に帰りたいと思う間もなくあっという間に大人になっていき、あわてて結婚した私でした。
めでたしめでたし。

2012年11月5日月曜日

夜更けの読書

こんばんわ。すっかり秋も深まってきましたね。今年も残すところ2か月切ってしまいました。
さて、秋といえば読書。最近読みふけっている本は「2011このミステリーがすごい」の国内編
第1位だった 「悪の教典」です。作者は、「黒い家」の貴志祐介さん。
「黒い家」も衝撃的でしたね。今回はもっともっとパワーアップしていました
人気教師ハスミン(蓮見先生)が、モンスターに変わろうとしていくところに差し掛かり今、ドキドキワクワクしながら読んでいます。間違いなく面白いですよ。

2012年10月8日月曜日

山の茶屋@箱根

今日は、 3連休最後の休み。皆様如何お過ごしですか?朝から涼しい風が吹いてようやく秋らしくなってきましたね。やっと日傘もささずにすみそうな季節到来です。さて週末の私は、金曜日の仕事帰り、久しぶりに箱根の温泉へやってきました。最近TVで観て泊まってみたかった「山の茶屋」です。塔ノ沢にあるこの温泉は、3代目の若いオーナーが、改築して 和モダンテイストな宿として紹介されていました。旅館の楽しみでもある食事も、和洋折衷的な感じでおいしかったです。露天風呂は、少々小さめですが4種類ほどあり、こちらも楽しめました。
 
 
次の日は、箱根ラリック美術館へ。ルネ・ラリック(1860-1945)は、フランスを代表する宝飾とガラスの工芸作家です。16歳で、宝飾細工師に弟子入りし、20歳の時にカルティエなどの、一流宝飾店の仕事をしてます。その後、コティ社の香水の瓶を依頼されたことがガラス工芸作家になるきっかけとなりました。ネックレス、ブレスレットの宝飾も豪華で素敵なデザインですが、コティの香水瓶もすばらしく緻密にできていて香水瓶のコレクターもいるのではないかと思うほど素晴らしいものばかりでした。又、ここの美術館に併設されているレストランで、帰りに食べたキャロットケーキのおいしかったことといったらありません。

 
 
 

 
 
 
 

2012年10月1日月曜日

週末は笑って・・・(トークライブ編)

昨日の週末、東京の顧問先の訪問の帰り、私は、下北沢の「HIBOUHIBOU」という、小さなこぢんまりとしたスペースでお笑い芸人エド・はるみさんのお笑いトークライブへ。
ホントに小さな茶室みたいなところでナント観客は10人ほど!がんばっていますね~。
私のすぐ目の前にエドさんがいます。いくらなんでもこんなに間近で見れるとは思っていませんでした。芸人さんと目があうなんてめったなことではありませんよね。楽しかったけれどもほっとするような空間。ゲストにお笑い芸人「若月」の徹さんも来てくれて、夕方の6時からあっという間の楽しい1時間20分tなりました。帰りには、お二人とも気さくに握手してくださいました。
ここ最近、少し元気のなかった私にお笑いは、パワーをくれました。10月は忙しくなりそうですが、頑張ってのりきろうと思います。

2012年9月30日日曜日

週末は笑って・・・(にけつ!!編)

ここ最近の週末は、夏バテ気味の心と体に元気をもらうため、お笑いのライブに行ってます。
まずは、深夜のTV番組「にけつ!!」の収録を見に渋谷の吉本無限大ホールへ行ってきました。
千原Jrさんとケンコバさんのこの番組は、二人の話のフリートークが毎回すごく面白く大好きな番組です。3回分の収録で1回目が終わるとはけるのですがもう一度ホールに入って結局3回とも見ました。いつものオープニングの音楽が流れ、二人が出てくると、「お~~ナマだ~」ってすごく感激。テンションあがりまくり~。。。1回の番組収録が30分程で、めちゃくちゃ笑いました。
すごく幸せな気分をあじわいましたよ。帰りがけ、ホールの出口で車に乗り込むジュニアさんにも
遭遇!ホントに楽しい週末でした。思いっきり声をだして笑うのって、ほんとに気持ちいいものですね。
そして、昨日はお笑いトークライブへ。・・・・続く。




2012年9月9日日曜日

宝塚&松本楼

昨日の土曜日は、私が所属する神奈川県会の会員同士の親睦を深める親睦会に、行ってきました。親睦会は「宝塚観劇と松本楼での懇親会」。2度目の宝塚でしたが、やっぱり、感動しました。
題目は、月組公演の「ロミオとジュリエット」わかりやすい内容でしたので、物語にもぐいぐいと入っていけましたが、やはり、フィナーレで 男役のトップと娘役トップが、最後の大階段を羽をつけて降りてくるところは、なんとも圧巻でした。同じ福岡出身の黒木瞳さん。宝塚に入るのも難関ですが、娘役トップにまで、なるなんて、考えるとちょっと感慨深げです。その後は、松本楼で、フルコースランチ!みんなでお食事し、忘れられない昔の恋バナに盛上りました。。写真を取り忘れましたが松本楼の食事もとってもおいしかった。お店の方の接客もさすがです。大満足な1日なのでした。

2012年9月5日水曜日

天然かき氷 埜庵

みなさま、こんばんわ。今日は、どうしても行きたかった鵠沼の天然かき氷屋さん「埜庵」へ行ってきました。うれし~!!

鵠沼海岸駅から、すぐの住宅街にひっそりとあるんですが、なが~い行列ができるかき氷屋さんなのですぐにわかります。
一度目は、夏休み真っ最中のど暑い日の仕事帰り!・・・そりゃ並んでますよね~若いお兄さんが、整理券を配っていまして「1時間待ちです」って。さっさと帰りました。で、今日!仕事帰り、期待しなかったのに、もちろん並んでいましたが、10分ほどで、入れました。やった~
もう、いろいろあって迷うんですが、やはり、季節のかき氷ということで、「白桃ミルク」

ミルクがかかった氷に少しずつシロップをかけて頂きます。わかりますか?何ともいえないとろりとした感じ。シロップは 桃のピューレみたいかな。すご~くおいしかったですよ。やはり、天然かき氷なので、全然水っぽくないんですね。氷がしっかりしているのでとけにくく、最後までミルクと桃のシロップ味わえます。今日は、テンション上がっちゃいました。次は、宇治金時ミルク、キャラメルミルクもおいしそう・・秋になれば、もっとすんなり入れるんだろうな。秋は栗のシロップなんか出てきたらどうしよう。。。
さすが、本も出ているかき氷屋さんです。スタッフも感じの良い方でした。

2012年9月1日土曜日

「いじめ・嫌がらせ」は大人の社会にも!

オリンピック、楽しかった夏休み・・・8月も、とうとう終わってしまいましたね。
毎日暑い日が、続きますが皆様夏バテしていませんか?
あまりにも暑くて、仕事帰りに、近所の美味しそうな甘味処のかき氷屋に誘われて、ふら~っと入ろうと思いましたが、せっかくなので、猛ダッシュで家へ帰りそのまま本を2冊もって、その店へやってきました。たまには、こんなところで、読書もいいでしょ。ところ変われば気分も変わるし。

 
労働判例集や、あっせん代理の本を読んでいます。平成24年神奈川労働局発表の23年度の個別労働紛争の相談は、「解雇・雇止め」が依然多いものの、全体が減少傾向の中で「いじめ・嫌がらせ」の相談が4.6%増加しているという。「いじめ・嫌がらせ」については双方 、言い分があろう。でも、まずは日頃のコミュニケーションが大事なのではないかと思う。明らかにいじめや嫌がらせと取れる言動については、やはり、上司、同僚に相談して、早急の解決が必要でしょう。そして自身も職場の環境を変える努力も必要だと思う。安易に退職は進めないが、頑張っても変わらない時「うつ」や、病気になる前に、辞めるという選択も大事だと思う。1日のうちの1/3近くも会社にいるのだから。
 
 
 
 

2012年7月27日金曜日

贅沢な1日~首飾り編

とっても満足して、東京都美術館を後にした私でしたが、出口でびっくり!ゆっくり回って12時前に出ましたが入口では入場制限で50分待ちだったんですよ。よかった~先に観て。
15時30分過ぎには上野を出ないと行けないので、そのまま西洋美術館の「ベルリン国立美術館展」へ。ベルリン国立博物館は、プロイセン帝国時代の文化財とコレクションの保護を目的として設立された15の総合美術館・博物館の総称です。すごいですね。


こちらは、比較的ゆっくりと観ることができました。大理石や、胡桃や樫の木材の彫刻、ブロンズ、絵画など多数展示してありました。ここでもやはりフェルメールは、大人気。「真珠の首飾りの少女」は、初来日とあってたくさんの人だかりでした。

鏡を見つめる若い女性の真剣な眼差し。窓から射す光。まるで、そこにいる人のようです。窓から射しこめる光と白い毛皮がトリミングされた黄色のジャケットが柔らかな感じを醸し出します。ガイドでは、中央の壁には地図、椅子にはリュード(ギター) が描かれていたともいわれていたとか。フェルメールは裕福な妻と結婚したためそんなにたくさん絵画を描く必要もなかったそうで、現在残っているのは30数点らしいですね。そのうちの2点も本物を観ることができるなんて私って幸せ者!!本当に贅沢な1日でした。美術館のはしごも初めてで私もそうでしたが、やはり近くであったせいかこの美術館ではマウリッツの袋を持っている人がたくさんいました。


2012年7月26日木曜日

贅沢な1日~耳飾り編

本日の私のお仕事は、16時20分からの中央年金事務所の算定の調査です。東京行くし、せっかくだし・・・ということで、朝一から今日は上野へ。東京都美術館と国立西洋美術館。そうです。あの
耳飾りの少女と、首飾りの少女に会いに行ってきました。


まずは、東京都美術館の「マウリッツハイス美術館展」へ。マウリッツハイスとは、オランダ語でマウリッツ邸の意味。元は、ヨーハンマウリッツの邸宅だったようです。それが、私邸からオランダ国家に買い取られ美術館となりました。オランダ絵画に代表されるレンブラントやフェルメールの作品など50点ほどが、出展されていました。
さて、オランダのモナリザと呼ばれるヨハネスフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。この絵画は、「トロー二ー」と呼ばれる頭部の習作の技法で、特定できないモデルを描いたもので、特定の人の似姿を追及するよりも人物の表情や性格のタイプの表現を探る習作として描かれたものである。なので、この少女は想像上の人物らしい。この絵画がある部屋は、ロープが張ってあって1列に並んで待つのです。そして、やっと順番が回ってきていよいよ目にした時は、やっぱり感動しましたよ。何とも言えず美しく、少女なのに色っぽいんです。あの眼差しと半開きの唇と大きな真珠とこちらを見る顔の角度。うっとりとしばらく見てしまいました。黒と青と黄色に赤色が見事に調和されていました。本物を見ることができて本当に幸せ。
続きは、ベルリン国立美術館展の「首飾りの少女」へ。

2012年7月18日水曜日

久しぶりの山笠

週末の私は、所用があって福岡へ飛びました。この時期、博多は、山笠で賑わいます。
どんたくも楽しいけれど、やっぱり、山笠!!このワクワクゾクゾク感はたまりません。福岡では、毎年、山笠のライブ中継が各局テレビであるんですよ。今年はたまたま3連休のど真ん中でいっそう見物客も多かったようです。ホントは行きたかったのですがテレビで参加。4時59分スタートです。


私が小さかった頃、山笠を走るおじさんたちの中には、背中や腕やおしりに彫り物をしていた人がいましたが近年は、誰一人いません。そしてすべての山が走り去って山がそれぞれの町に帰ってしまった後、「終わったっちゃね~」って寂しくなるんですよ。夏本番は、これからなのですが。
                                   

2012年7月2日月曜日

強羅へGOダッ!!

週末は、金曜日の仕事終わりに強羅温泉へ行ってきました~久しぶりの温泉でまったり。お部屋にも露天風呂がついていて、美味しい料理を食べてゆったりした後、そのままお部屋で夜風に吹かれながらビール片手にお風呂にはいるのもおつなものですね。



箱根は今、紫陽花真っ盛り。翌日は、強羅公園に行って、路地では見られないいろいろな種類の珍しい紫陽花を見てきましたよ。


その後、ガラスの森美術館へ。ちょうど、ヴェネチアンビーズの展示があって素晴らしいものばかり。箱根には素敵な美術館が、たくさんあってまだまだ行きたいところがあります。お昼は先日TVで放映された銀かつ亭さんへ行きました。もちろん長蛇の列でげんなりでしたが、せっかくだしそのまま待っておいしい「豆腐のカツ煮定食」を頂き藤沢へ帰りました。
こんなに素敵な温泉が近くにあっていいなっ!箱根





2012年6月25日月曜日

ハンサムウーマン

今月の日経新聞の私の履歴書は、「米沢 富美子」さん。慶応大学の教授を経て科学者で女性初の日本物理学会の会長にもなられた人です。大学を出てすぐに結婚し3人の御嬢さんを育て上げ、自身は乳がん、子宮がんを経験し今なお、94歳のお母様を介護をしていらっしゃるとか・・
ほんとにバイタリティあふれる女性です。大学を卒業して科学者として仕事をしようとしていた頃、プロポーズされ、仕事か結婚か悩んでいた時に「どうしてあなたは、両方うまくできることを考えないのか?」の一言で結婚して、仕事も子育ても必死にやりぬいてこられました。今のように、当たり前に育児休暇など取れなかった時代だと思います。文句も言わず、できることをやり、情熱をもって仕事をやってきたのでしょう。また、がんの手術を5回もされたくだりもなんかさらっと書いてあってほんとに素敵。こういう、美人で仕事もできてプライベートも正しくもきちんと生活している人って憧れます。まっそもそも人間の出来が違うのはいうまでもありませんが(笑)。今朝の新聞には、95年から3年で会長の任期が始まることが書いてありましたが、最後に『かつて、研究と3児の妊娠、出産、育児をさばいて生き延びてきた。研究と会長の両立など今さら騒ぎ立てることはない。とはいえ振り返ってみて「いつ寝ていたのだろう」と思う。』と締めくくられていました。もうこの最後のひとことで参りましたという感じです。今月は、この「私の履歴書」を読むのが楽しみになりました。

2012年6月10日日曜日

買わずにいられない!

こんばんわ。季節外れの風邪を引いてしまいました。皆様もどうぞお気を付けくださいね。さて、最近、やたらとこの手の雑誌増えていますよね。1,000円前後で、商品がついている雑誌。ムック本といって、雑誌(magagine)と書籍(book)が、一緒になったものをいうのですが、それにファッション、料理、美容、ダイエットなど、各方面とコラボして商品をつけている雑誌です。
「~だけダイエット」と付くものをついつい買ってしまいます。「巻くだけ」「寝るだけ」に続いて
「座るだけ」です。
今、このクッションに座って書いていますが、ちょっと座りづらいかな。今まで、この「~だけダイエット」正直、あまり効果があったとは言い難いのですが、ついつい買わずにいられない私です。"気がついたら腹ぺたんこ!"ですって。ありえないと思いますがありえることを信じて・・・・

2012年6月6日水曜日

1日1食・・・で、、できない!

いまだに売れ続けているこの本。皆さんお読みになりましたか?
ずいぶん前に買って読んだのですが、1日1食、私はいまだに 実践できてません。朝は、抜けても昼はやっぱり、おなかすいてしまいます。
今週やってみよう、今日やってみようと思うのですが未だ実行できずにいるのです。「1日1食」「野菜は葉ごと皮ごと根っこごと。穀物は全粒で」「睡眠は夜の10時から夜中の2までのゴールデンタイムを含むように」などを実行すれば自分の適正体重になり皮膚年齢がどんどん若返るというものです。でも、1日3食、食べなければいけないなんて世間ではいうしいったいどっち?とツッコミ入れたくなるのですが・・・
確かに南雲先生は、若い。あれこれいう前に1度は、実行してみたいと
思います。せめて1日だけでも!!しかしこのブログ書いている時間帯からもうすでにアウトですね。

2012年6月3日日曜日

国民の義務

今日は、最近気になった新聞記事について書きます。5/27付けの日経新聞で、「国民年金年金不払い40%超え」というもの。「どうせ、もらえる時は70歳くらいからになるでしょ?」とかそもそも「年金は、もらえるのか?破綻するんじゃないのか?」とか職業柄よく聞かれます。社保庁の消えた年金記録問題に端を発し、若者の間に制度持続性への疑念が強まり不信感が未納をよび、さらに悪循環に陥っているというのです。が、やはり国民年金未納の問題が大きいと思います。国民の社会福祉、社会保障向上のため、国民の共同連帯によって成り立っていく年金制度。「年金は、国があるかぎりなくならない。」っていうことをもっと国は強く訴え、未納問題を放置しないようにしないとますます先細りになっていくばかりだ。もう消費税を上げなければどうしようもないということもわかっていますが、やはり、あれにもこれにも10%の消費税がつくのかと思うとやり切れない気分になってしまうのは私だけでしょうか・・・・

2012年5月30日水曜日

Tetosio

皆さん、こんにちわ。今日は良い天気でしたね。毎週日曜夜放送の「ソロモン流」ご覧になったことありますか?私の好きな番組のひとつなのですが、5/27放送は、ブランド戦略、空間プロデュースなどの仕事を手掛ける柴田陽子さんでした。ヒカリエやソラマチなどに出展するお店も手掛けています。放送では、女子力でヒットを仕掛けるみたいなことを取り上げていましたが彼女の仕事ぶりは、女子目線だけではなくあらゆるものに目配せ、心配りするなど、消費者第一にしているところに心打たれました。それから、お客様いわゆるお店だったり、会社だったりするわけですが、わかりやすい説明(プレゼン力)と提案力が素晴らしいとおっしゃていました。これは、私にとっても非常に勉強になる言葉でした。ホントに自分の感性で勝負をする仕事をする人って尊敬します。そんなわけですっかり、柴田陽子ファンになった私ですが本日は、御茶ノ水に打ち合わせに行った帰りに新宿にある彼女の和食のお店でランチ。う~ん、美味し!期待を裏切らない!特に山芋と大根おろしとだしの和え物、かぼちゃとクルミとクリームチーズのサラダは絶品!みなさんもぜひ一度新宿ルミネのテトシオへどうぞ。