2011年12月16日金曜日

コミュニケーションの極意とは

こんばんわ。早いものでもう12月・・・も残すところ半月となってしまいました。1年たつのが早いのか自分が遅くなっているのか??
先日13日に横浜で研修会がありました。昔、水産会社でマグロ船に乗っていたことがあったというコンサルタントが講師で、テーマはクライアントや、部下との良好な関係を結ぶための極意。マグロ漁で40日間、船上で生活する船員達との生活の中で得たさまざまな体験を基に、いかにコミュニケーションが大事なことかをご教示頂きました。
自分のことを話す以上にクライアントや相手に対して興味のあることを聞き、雑談の部分を広げて人間関係の土台を築いていく。正論ばかりをいうと、相手は心をひらかなくなってしまう。コミュニケーション不足の人は案外、人を見ていない。その人に関心持っていれば、雑談のなかでどういう人なのかわかる。ひとりよがりにならない。クライアントは十歩先は喜ばない。それよりも一歩先の事、つまりどんなサービスが欲しいのか?仕事は頭で考えるだけではダメ。足や口を使って仕事する・・などなど。わかっていても実行出来なかったことや、なるほどなと思ったこともたくさんありました。そして私も、自分はどういう人間なのか?を見極め、人と比べず自分なりのスタイルで、もっともっと、クライアントと信頼関係を深めるべく、日々努力していきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿